2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画みた
ダンサー・イン・ザ・ダーク

主人公の人柄・芸術性・ストーリーの方向性と、もし自分が映画監督をやるならこういう風に作りたい、とぼんやり考えていた理想の映画が余計なものを加えずそのままここにあったというのが感想なんだが、実際にモノとしてできたものを観終わると相当胸糞悪くなった。作品(映画作品というよりは芸術作品的なニュアンス)としてはかなり高い評価を与えたいが、気持ちとしてはどんな粗末なしょうない映画も比べ物にならないほど嫌い。
思うにこの方向性で行くならこれ以上ない傑作だと思うから、この方針自体が心の奥底では受け入れられなかったんだろうな。作品として理想的ゆえにもう二度と観たくない映画。



映画評論家的な斜に見てる感じの感想じゃなくて、素直に内容から感じたこと。文章ではこの気持ちをどう表現したら良いのか分からんが、いたたまれない気持ちと怒りに似た感情が入り乱れてる感じ。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダンサー・イン・ザ・ダーク主人公の人柄・芸術性・ストーリーの方向性と、もし自分が映画監督をやるなら
プロフィール

みんとん

Author:みんとん
FPSもうしてません

Twitter:m9denpyo

故QuakeWarsOnline
   ミントあめ
故SuddenAttack
   ぴーかんテレビ
New! LeagueOfLegends
   M1nT0N

LoLID登録
↑もちろん友達紹介かませてます ヨロ^^

リンク
デバイスとか読んだ本とか
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。