2017/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画「ラーメンガール」
最近映画ばかり観てるんだが、文字におこしとかないと細部を忘れてしまうし、理解も深まらないのでちょこちょこ書いていくことにする。

記念すべき1回目なのに、選ばれたのはいかにもB級なタイトルの「ラーメンガール」。
好きそうなもの、気になったものばかり観てるとどうしても偏っちゃうし、どこがどう駄目なのか分からないままになるから、どう考えても駄目だろうなってのを選んだ。

彼氏にくっついて日本に来た頭カラッポのブロンドが、すぐに捨てられた後なぜか突然ラーメン屋(西田敏行)に弟子入りする話。
結論から言うと最後まで観るのが辛いぐらいだったんだが、アメリカ人監督にしては日本の描写に無理がない方だったなとは思う。
ラーメンって某ガチンコ(やらせ)番組なんかでよくあったように、(素人からすると意味不明なほど妙な)こだわりがある世界だと思うんだけど、その辺よく知ってる日本人から見ると、この映画でのその描写はあまりにもざっくりしすぎてる。とりあえず魂込めてつくれば(泣きながらつくるだけ)見よう見まねの付け焼刃でもOKとか、日本人の精神性が大きく誤解されるに違いない。
それから西田敏行演じる頑固親父。単にキレまくってるだけでこれじゃただのキチガイ。しかも脚本が悪いのかと思ったら西田のところ、怒鳴るシーンはほぼ全部アドリブらしい。なあ嘘泣きヤクザさんよお、あんた何にも分かってないっすわ。何年その業界やってきてんすか。本当に日本人なんすか。非常に情けない。

恋愛要素必要だったの?とか最後にくっつくことになる男が無駄に在日設定(マジで謎。資金繰りの為か?)とか他にも色々あるけど、要するにあっちの連中にもある程度理解しやすいような内容になってて、そのどれもがこの映画を薄っぺらい、見る価値のないものにしていた。伝統的日本人の価値観を中心的に据えた話づくりをもっともっと深く徹底していれば、見て損はしない映画になっていたように思うが、それは日本人監督でないとそうそうなし得ないことだろう。少なくとも日本国籍を取って永住してしまうぐらい日本に入れ込んでいないと、外国人では不可能だと改めて感じた。

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

みんとん

Author:みんとん
FPSもうしてません

Twitter:m9denpyo

故QuakeWarsOnline
   ミントあめ
故SuddenAttack
   ぴーかんテレビ
New! LeagueOfLegends
   M1nT0N

LoLID登録
↑もちろん友達紹介かませてます ヨロ^^

リンク
デバイスとか読んだ本とか
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。